Overblog Follow this blog
Edit post Administration Create my blog
Windos10 日本語 ダウンロード版 プロダクトキー購入した正規品をネット最安値で販売

Windos10 日本語 ダウンロード版 プロダクトキー購入した正規品をネット最安値で販売

Menu

完成度を高めたWindows 8.1は移行先になり得るか(一)

Windows 8は従来のデスクトップ環境から脱却を試みたOSだったが、その斬新と言える新しいUIは市場的に受け入れられたとは言いがたい。だが筆者は、Windows 8は過去のWindows OSに引けを取るOSとは考えておらず、モダンUIにおける一貫性のなさを除けば、優れたOSだと評価している。アプリケーションの起動方法として、スタートメニューに変わる何らかの方法を手に入れれば、Windows 7以前と同じ、いやそれ以上のデスクトップ環境がfに入るからだ。  Microsoftは、既存のデスクトップ環境を欲するユーザー二-ズと、iOSやAndroidが席巻しているタブレット市場に改めて参入しようとモダンUIを採用している。しかし、その斬新さが仇となり、一般市場は受け入れられたとは言いがたい結米となった。この印象を払拭するため、Windows 8Serv'ice Pack lではなく、Windows 8.1としてシステム内部や機能而を刷新し、新しいOSとしてアピールしたのだろう。  では、Windows 8.1はSenvice Packを加えた陛度の存在なのか、と言う疑問が読者の中からも湧き出てくるはずだ。答えは否である。バグやセキュリティホールの修正にとどまらず、Windows 8でユーザーが不満に感じた箇所を改善し、ユーザビリティの向上を実現したOSだからだ。例えばWindows 8.1では、スタートボタンが復活している。  もっともスタート画面で各アプリケーションのショートカットファイルをタイルとして提示し、新たに設けたアブリビューで各ショートカットファイルを管理すると言うスタイルはWindows 8と同じ。後ほど改めて述べるが、ユーザーが求めていたのぱスタートボタンではなく、スタートメニュー”なのだ(図006)。 図006 :Windows 8.1はスタートボタンを復活させ、スタート叫面やタスクバーの左下に鎮座している。